福岡音楽情報ポータルサイト[Blue Jug/ブルージャグ] | Editor's Room | 個人情報について | サイトポリシー | お問合せ |  

HOT NEWSHOT NEWS巻頭PHOTOVoice Gallery月刊INDEX福岡ROCK百科staff blogPodCast
巻頭PHOTO
BAND一覧
ロック年表
ロックマップ
ロック A to Z
release
写真集
特集
インタビュー
レポート
コラム
対談
アーティスト語録
コレクション
エピソード・コレクション
   
  福岡音楽情報サイト「Blue Jug」TOP > 福岡ロック百科 > レポート一覧 > THE BIGNOSE presents《 「LET IT BEAT ! vol.1 》2008.12.29
レポート


"2000年代"リスト

THE BIGNOSE presents《 「LET IT BEAT ! vol.1 》2008.12.29 2009.01.17公開



THE BIGNOSE presents《 「LET IT BEAT ! vol.1 》


thee 50's high teens《 LIVEHOUSE CB 》


<CAST>THE BIGNOSE博多ザ・ブリスコ/TiTTY TWISTER/The Bootleg Missile/THE VOTTONES
<会場>SPIRAL FACTORY

レポート---西原(THE BIGNOSE)


ロックンロールイベント、LET IT BEAT!について、、、
ブルース、ロカビリー、ブリティッシュビート、ソウル、モッズ、ガレージ、サイケ、グラム、パブロック、パンク、、、

いつの時代にも熱いシーンを築き上げてきたロックンロールを愛する人々が集まってバンドを組み、リスペクトした音楽を熱く演奏に叩きつける!  いつだってそんなシーンに夢中になってきた!

テクノ、ハウス、ミクスチャー、ヒップホップ、ラップ、R&B、JーPOP、、、、 音楽のジャンルが多様化した現代、どんなジャンルでも選択出来る中で、ロックンロールを演奏する奴等は消える事は無い!

そんな奴等は、メジャーになろうが、なるまいが、アンダーグランドで知られていようが、知られてなかろうが、世界中で、今日もどこかでギターをかき鳴らし、ステージ狭しと暴れ回り、自分達のロックンロールをプレイしているのだ!

このイベントで、「今の時代を生きている人間がプレイするロックンロールを聴いてくれっ!」

「LET IT BEAT!」は、そんな熱い気持ちでエレキを抱え、汗にまみれてシャウトする、ロックンロールの楽しさ、面白さ、熱さを感じてもらえる様なロックンロールイベントです。

我がTHE BIGNOSE自主企画イベント「LET IT BEAT Vol.1」無事終了しました。 今回、影響を受けたロックンロールを演奏に叩きつけているバンドを集め、世の中に広めて行こうと思い、立ち上げたこの企画、、、

イベント名の由来はジュークレコードの松本康氏のコラム、ラジオ番組名から取らせて頂きました。

今回出演バンドも自分の友人のバンドを集めましたが、本当に良いバンドが集まり、嬉しい限りです。

1番目 ボットンズ
心に残る「Super あばずれ Fuckin` pussy!」 まさに放送禁止の青春パンクバンド! ライブ後半のパフォーマンスは天晴れでした! 最初から持っていかれました♪

2番目 The Bootleg Missile
山川氏(exワイルドウイークエンド)率いる、ロックンロールバンド。 ワイルドウイークエンドの頃に比べると、パワーポップ寄りになり、親しみ易くなってました。 チープトリックのカバー「I want you to want me」は胸踊りました。 やはりうちと同世代のバンドなのでビッグノーズに似た曲もあり、共感が持てます。

3番目 TITTY TWISTER
このバンドは、本当に今回のイベントに相応しいバンドでした。 こてこてのビートバンド、Drマサキ先輩、選曲のカバーは僕のツボをガンガン突きます! Mink devil、Yardbirds、Tracy Ulman、、、他もっとやって〜!(笑) カバーも良いけどオリジナルも痺れます!

4番目 博多ザブリスコ
切磋琢磨出来るロックンロールメイト、ジャガー池身率いるガレージソウルR&Rバンド! この日もブリスコ魂炸裂で気を抜く暇を与えない演奏は、いつ観てもファンタスティック!

そして我がTHE BIGNOSE
今回のTHE BIGNOSEの見どころはやはり何と言っても新ヘルプベーシスト渡辺圭一参加に寄る、バンドの「気」のグルーブの相乗効果でしょう。 しかし、まだまだバンドとして精進して参りますので、今後のTHE BIGNOSEの活動に期待して下さい。

ライブ後打ち上げはスパイラルファクトリーのBARスペースであり、いつもながら一石二鳥(笑) 本当に夢の様な一日が過ごせました。いろんな意味で(笑)

今回いろんな人々に関わって頂き、このイベントが成功出来た事を心から感謝します。 「LET IT BEAT! Vol2」は勿論来年近いうちに計画していますので、宜しくお願いしま〜す♪


レポート---TAKAO
THE BIGNOSE初の主催で行われたこの日のライブ「LET IT BEAT ! vol.1」
西ヤンの求めに応じてくれた4組のバンド、この出演者を見たら分かるだろうが、なかなか濃い面子が揃ったいかしたR&Rパーティーであった。

場所は今一番ホットなSPIRAL FACTORY。以前にもレポートしたが、この店のお勧めポイントはライブホールとバースペースが仕切られたところである。一杯やりにバーに移動してくつろいでいるときでも大きなモニターでホールの様子を見ることも出来る。またホールは禁煙なのでクリーンなスペースで快適にライブを楽しめるのだ。もちろん出演するバンドにもいい点はある。打ち上げパーティーがその場で出来るのだ。(^^) 

さて、この日のライブは猥語でパンクする笑えるバンド「THE VOTTONES」から始まり、「The Bootleg Missile」、「TITTY TWISTER」と来て、いよいよガチンコ対決の博多ザ ブリスコ登場。
2009年はデビュー20周年の節目の年となり、6月までスケジュールが決まっていると言う。ブリスコはすこぶるファンキーで、ブリスコはすこぶるストレートで、ブリスコはすこぶる n' Rollなバンドである。 いつも通りすこぶる絶頂な演奏で、トンコツラーメンの一休系のすこぶる濃い味がした。

トリに主催者の「THE BIGNOSE」登場。今回はベースのサポートに「HEATWAVE」の渡辺圭一を迎えての演奏であった。 60〜70年代のロックにリスペクトを受けR&Rの楽しさ、面白さ、熱さを感じるイベントにしたいと言う西ヤン。 その思いは彼らの熱い演奏で感じられたと思う。

「LET IT BEAT ! 」末永く続けていって欲しいイベントである。

追伸:スパイラルファクトリーはライブの無い日はバーのみでも営業してる。お洒落なインテリアでリラックスすたひと時を気軽に楽しめる。最近山善の油彩画「N・Y PUNK 」とダイナマイトのオブジェを買ったばかりなので、まだ見てない人は見逃さないように!



THE BIGNOSE

PHOTOを見る→


THE BIGNOSE 公式サイト

博多ザ ブリスコ

PHOTOを見る→


博多ザ ブリスコ 公式サイト

TITTY TWISTER

PHOTOを見る→



The Bootleg Missile

PHOTOを見る→



THE VOTTONES

PHOTOを見る→


The Bootleg Missile 公式サイト









↑ ページのトップへ  

 (C)since 1979 BLUE-JUG/当WEBサイトの画像およびテキストの無断掲載はお断りいたします。         $date /$no th
";?>
 福岡音楽ポータルサイト   copyright since 1979 BLUE-JUG. All Rights Reserved Contact US at staffroom@blue-jug.com