福岡音楽情報ポータルサイト[Blue Jug/ブルージャグ] | Editor's Room | 個人情報について | サイトポリシー | お問合せ |  

HOT NEWSHOT NEWS巻頭PHOTOVoice Gallery月刊INDEX福岡ROCK百科staff blogPodCast
巻頭PHOTO
BAND一覧
ロック年表
ロックマップ
ロック A to Z
写真集
特集
インタビュー
レポート
コラム
対談
アーティスト語録
コレクション
エピソード・コレクション
   
  福岡音楽情報サイト「Blue Jug」TOP > 福岡ROCK百科 > コラム > 21世紀の大食いヘビーメタル(寺本祐司)
コラム


"2000年代"リスト


2007.12.13
21世紀の大食いヘビーメタル

ロケンロウmusicologia
21世紀の大食いヘビーメタル


 ギャルのカルチャー
    近場のイベントに人気のギャル曽根登場。ご当地ラーメンの大食いバトルに参戦。優勝は誰かって、ギャル曽根に決まっている。15分間でほぼ8杯のラーメンとスイーツを完食。
    ギャルファッションとかギャルメイク、テレビではヤマンバとか汚ギャルばかり取り上げてる観がある。
    ギャルファッションとかギャルメイク、可愛い子がすると結構可愛い。ギャル曽根、スザンヌ、渡邉久江など。結構好きかも。




 大食いカタルシス
    大食ブームだ。カレー店に行ったときは、つい多めにライスをたのんでしまう。それを、サクサク、パクパクと胃の中に放り込んでゆく。きれいに完食するとなんか達成感がある。ルーもきれいに残らなかったりすると「アートじゃ」と思ったりする。
    たまたまとなりのテーブル席にいたギャル風4人組も
    「大食いと早食いは、結局一緒やろ〜?」
    といった哲学的会話をしていた。




 大食いヘビーメタル
    テレビ朝日系の「いきなり黄金伝説」でも大食いバトルをやっている。パッション屋良、クワバタオハラ小原、トータルテンボス藤田が交替で大盛りベスト10をたいらげてゆく。体育会系のパッション屋良、がたいのデカい藤田は大食いのイメージあるが、美系の芸人小原もかなり食べる。
    巨大トンカツやデカ盛りスパゲティーが大写しになったとき流れる曲。ヘビメタバンドがカバーしている

    ”21st Century Schizoid Man”

    オリジナルはKING CRIMSON。この曲の入ったアルバムがチャートでビートルズを抜いて、新しい時代が訪れた。という話もあった。オリジナルのボーカルはグレッグ・レイクだが海賊版EARTHBOUNDのボズ・バレルのボーカルも味がある。といったマニアの会話もある。ジャズとロックの融合。これはハードロックではないか。何かと話題の多いナンバーだ。




 誰がカバーやねん。いや、誰がカバーしとるっちゅうねん。
    大盛りベスト10は、大盛りチャートの第10位から発表されるのだが、それと同時に”21st Century Schizoid Man”のヘビメタバージョンがバ〜ンと大音響で流れる。9位でも”21st Century Schizoid Man”がバ〜ンと流れる。8位でも”21st Century Schizoid Man”がバ〜ンと大音響で流れる。
    つまり1時間の番組中で10回以上”21st Century Schizoid Man”が大音響で流れる。

    気になる。この曲がとても気になる。
    どんなアーティストカバーしているのか。
    調べてみるとオジー・オズボーンがカバーしている。ELPもグレッグ・レイクがボーカルだから変則セルフカバーしている。なかなか手強いのがFORBIDDENとENTOMBEDとVOIVODOの3バンド。強力なメタルバンドらしい。
    あとジミヘン狂のカナダのAPRIL WINE。奴らも”21st Century Schizoid Man”をカバーしている。

    大盛りベスト10に使われてるのは誰のカバーか不明。




 ヘビーメタル大人買い
    大手レコードショップに行く。今は便利だ。コンピュータで検索できる。書店の検索マシーンに似たので、スタッフがピピピッとやてくれる。このスタッフ絶対ヘビメタマニアや。
    スタッフに検索してもらうも「在庫なし」やら「廃盤」の文字ばかり。輸入盤で発注してもらう。在庫があれば買います。なければあきらめます。という注文をした。したたかに
    「2000円以内の輸入盤でお願いします」
    とつけくわえた。

    後日、FORBIDDENとENTOMBEDのアルバムがとどいた。1980円。ヤッホー。
    FORBIDDENの”21st Century Schizoid Man”は重いスラッシュメタル。でも「いきなり黄金伝説」大盛りベスト10の曲とは違っていた。しかし、この曲すごい。重い。演奏時間10分以上の超力作。曲のあとに1分ほどサイレントがあって次の曲がはじまるという凝りようだ。

    ENTOMBEDのアルバムは手に入ったのだが、通常盤で、限定盤のボーナッストラックに
    ”21st Century Schizoid Man”が収録されているようだ。残念。通常版を購入。しかし、さすがは北欧デスメタルの雄。かなりデスメタっている。
    デスメタル。結構好きかも。

    ENTOMBED限定盤が手に入らないのなら”21st Century Schizoid Man”の入ったベスト盤を注文しようと思っている。それとVOIVODOの”21st Century Schizoid Man”も聞きたい。




 ”21st Century Schizoid Man”の墓碑銘はConfusionだろうか
    オジー・オズボーンとボズ・バレルの”21st Century Schizoid Man”の入ったアルバムはそれぞれ店頭に在庫あり。2000円を切った廉価版なら買いだが、通常の価格なのでなかなか手が出ない。
    ボズのボーカルが聴けるEARTHBOUNDは現在、海賊版ではなく正規のCDとして店頭で入手できる。

    大盛りベスト10に使われている”21st Century Schizoid Man”を求めてCDショップをさまよっている。

    (了)


↑ ページのトップへ  

 (C)since 1979 BLUE-JUG/当WEBサイトの画像およびテキストの無断掲載はお断りいたします。         $date /$no th
";?>
 福岡音楽ポータルサイト   copyright since 1979 BLUE-JUG. All Rights Reserved Contact US at staffroom@blue-jug.com